Skip to content


    機械的衝撃試験

    貴社の製品は機械的衝撃に耐えられますか。取り扱い中、特に製造中および輸送中、電気製品は転倒や落下などの深刻な取り扱いミスの対象となる可能性があります。機械的衝撃試験は、機器が損傷したり、緩んだ部品が外れたりすることなく、一定レベルの突然の衝撃を吸収できることを保証するため、コストの削減につながります。製品の設計段階で機械的衝撃試験の専門家と連携することで、コストを節約します。

    機械的衝撃は、機械的および電気的システムにおける非構造的故障の最も一般的な原因の1つです。当社の専門家は、IEC 60068-2-27に準拠した製品の機械的衝撃のテストを提供し、機器が損傷することなく一定レベルの突然の衝撃を吸収できることを確認します。当社の試験装置は、さまざまな衝撃プロファイルの下で最大315kNの力を使用できます。

    機械的衝撃が発生する可能性が最も高い状況とは 

    衝撃は次の場所で発生します。

    • 通常の出荷と取り扱い
    • 偶発的な誤用 
    • 地上車両および航空機の通常の運用環境 
    • 戦争での爆発の結果 
    • 爆発性ボルトやその他の火工品の作動中などの特別な環境 

    機械的衝撃試験とは  

    機械的衝撃試験は、誤った取り扱い、不適切な輸送、または現場での操作中に発生する突然の力または急激な動きの変化に起因する中程度の激しい衝撃に耐える機器の能力を判断するために実行される試験です。

    このタイプの衝撃は、デバイスのパフォーマンスを低下させたり、永久的な損傷を引き起こしたりする可能性があります。反復的な衝撃パルスは、極端な振動によって引き起こされるものと同様の損傷を引き起こす可能性もあります。 

    機械的衝撃試験の業界標準 

    IEC 60068-2-27は、機械的衝撃試験を実行するために最も広く使用されている業界標準です。

    Nemko試験所の衝撃試験装置の仕様 

    • 最大力:315 kN
    • 最大加速度:300g
    • 最大重量:1000kg 
    • 衝撃プロファイル:正弦波、三角形、鋸歯状パルス

     

    機械的衝撃試験については、今すぐお問い合わせください。

    お問い合わせ