Skip to content
探す  
    Feb 8, 2024

    サステイナブル製品に向けたEUの大胆な一歩

    欧州議会と理事会はこのほど、持続可能な製品のためのエコデザイン規則(ESPR)について暫定合意に達しました。

     

    持続可能な規範を目指して

    この協定は、長寿命、エネルギーと資源の効率性、修理可能性、リサイクル可能性に焦点を当てることで、持続可能な製品をEU内の標準にすることを目的としています。

    世界への影響

    ESPRは、EU市場に参入するほぼすべての製品に対する要求事項を設定することで、世界的な影響を及ぼすことになります。EU域外で製品を販売したい製造者は、製品がESPRの要求事項を満たしていることを確認する必要があります。

     

    製品フォーカス

    この協定の重要な側面のひとつは、規制の対象となる製品のリストを作成し、定期的に更新する権限を欧州委員会に与えたことです。エネルギー関連製品、ICT製品、繊維製品(衣料品および履物)、家具(マットレスも含む)、鉄鋼、アルミニウム、タイヤ、塗料、潤滑油、化学薬品など、影響力の大きい品目が優先されます。

     

    エネルギー効率を超えて

    エコデザインの要求事項はエネルギー効率にとどまらず、製品のライフサイクルにおける循環性を高めることを目的としています。これには、製品の耐久性、再利用可能性、アップグレード可能性、修理可能性などの基準が含まれます。さらに、再利用とリサイクルを妨げる化学物質の存在、エネルギーと資源の効率、リサイクル素材、炭素と環境のフットプリント、製品情報の提供(特に「デジタル製品パスポート」を通じて)にも対応しています。

     

    消費者の権利拡大

    この「デジタル製品パスポート」の導入は、透明性への重要な一歩となります。これにより、消費者と企業は、製品の持続可能性に関する重要な情報に即座にアクセスできるようになります。さらに、ラベルを通じた製品情報の追加により、消費者は十分な情報に基づいた持続可能な選択ができるようになります。

     

    売れ残った消費財の廃棄禁止

    この規則には、売れ残った繊維製品や履物製品の破棄を直接禁止する措置が含まれています。小規模企業には緩和措置が、中規模企業には移行期間が与えられます。大企業は、売れ残った消費者製品の廃棄数とその理由を毎年開示することが義務付けられます。

     

    次のステップ

    欧州議会と理事会は新規則を正式に採択し、同規則は官報に掲載されてから20日後に発効します。

    持続可能な製品のためのエコデザイン新規則の対象となる製品を決定するため、作業計画が採択されます。

     

    詳しくは欧州連合(EU)の公式サイトをご覧ください。

     

    エコデザインについて詳しくはこちら。

     

    Nemko

    Nemko

    Other posts you might be interested in