Skip to content
探す  
    May 10, 2024

    ISO 42001で人工知能の未来をナビゲート:企業向けガイド

    責任あるAIの導入: 持続可能なイノベーションへの道

    はじめに

    人工知能(AI)が産業を再形成する時代において、ISO/IEC 42001:2023の導入は極めて重要な進展となります。 この規格は、AIマネジメントシステムの確立、導入、維持、継続的改善のための包括的な枠組みを提供しています。さまざまな企業が、AIを業務に統合する中、ISO 42001を理解し適用することは、責任ある持続可能なイノベーションのために極めて重要になります。

    ISO 42001:責任あるAIマネジメントへの扉

    ISO 42001は、倫理的、法的、社会的な期待に沿う形でAIシステムを管理する際の指針として、組織を導くように設計されています。 リスクアセスメント、影響分析、継続的改善など、AIマネジメントのさまざまな側面をカバーしており、AIが倫理基準や社会的価値を損なうことなく、組織の目標に積極的に貢献することを保証します。

     
    適用可能性

    この規格は、組織の規模や業種、AIアプリケーションの性質に関係なく、普遍的に適用できます。さまざまな組織の固有のニーズや目的に合わせて調整できる柔軟な枠組みを提供し、AIの力を責任を持って活用しようとするあらゆる企業にとって価値あるツールとなっています。

     

    主要構成要素

    ISO 42001の核となる要素には、AIマネジメントシステム、リーダーシップとコミットメント、計画、サポート、運用、パフォーマンス評価、改善が含まれます。これらの要素は、AIアプリケーションを効果的かつ倫理的に管理するための強固な基盤を構築するために協働します。

     

    この文書に基づく、ISO/IEC 42001:2023から特定された10の重要な構成要素は、以下の通りです:

    1. システムとコンピューティング・リソース: 組織は、AIシステムに利用されるシステムとコンピューティング・リソースに関する情報を文書化することが求められます。
    2. 人的資源: 開発、配備、運用、変更管理、保守、移管、廃止などのさまざまな段階や、AIシステムの検証や統合に使用される人材とその能力に関する情報を文書化しなければなりません。
    3. AIシステムの影響評価プロセス: AIシステムのライフサイクルを通じて、その影響を受ける個人、グループ、社会に対する潜在的な影響を評価するプロセスの確立は必須となります。
    4. AIシステム影響評価の文書化: AIシステム影響評価の結果を文書化し、定められた期間保存する必要があります。
    5. AIシステムが個人または集団に与える影響の評価 システムのライフサイクルを通じて、AIシステムが個人または集団に与える潜在的な影響を評価し、文書化する必要があります。
    6. AIシステムの社会的影響の評価: 組織は、AIシステムのライフサイクルを通じて、その潜在的な社会的影響を評価し、文書化しなければなりません。
    7. AIシステム開発のための管理ガイダンス: AIシステムの責任ある設計と開発のための目的を特定し、文書化し、プロセスを実施することが重要な要素として概説されています。
    8. AIシステムのライフサイクルの基準と要件: AIシステムのライフサイクルの各段階における基準と要件を定義します。
    9. 第三者と顧客の関係: AIシステムのライフサイクルのどの段階においても第三者が関与する場合、責任の分担を含め、責任の所在を理解し、説明責任を果たすことが強調されています。
    10. サプライヤーと顧客 サプライヤーからのサービス、製品、または資材の利用が、責任あるAIの開発と利用に沿ったものであることを確認します。

      これらの構成要素は、組織が責任を持ってAIシステムを管理するための包括的な枠組みを形成するものであり、システム・リソースから影響評価、利害関係者との関係までを網羅しています。

     

    主な要件

    ISO42001は、AI方針の確立、役割と責任の定義、リスク評価の実施、継続的改善の確保など、組織が従うべき具体的な要求事項を定めています。これらの要求事項は、組織がAI技術によってもたらされる課題と機会に対処できるように設計されています。

     

    ISO/IEC 42001:2023における、10の重要な要求事項は以下のとおりです:
    1. AIシステムのライフサイクル管理: AIシステムの文書化と仕様を含む、AIシステムのライフサイクルの各段階の基準と要件を定義し、ライフサイクルを通じて責任ある開発と運用を確保します。
    2. 組織とその背景を理解する: 組織の目的およびAIマネジメントシステムの意図した成果を達成する能力に関連する外部および内部の問題を決定します。
    3. リーダーシップとコミットメント トップマネジメントは、AIマネジメントシステムに対するリーダーシップとコミットメントを示し、組織のビジネスプロセスへの統合を確実にし、継続的な改善を推進しなければなりません。
    4. AI方針の策定 組織の目的に適したAI方針を確立し、AI目標を設定するための枠組みを提供し、適用される要件を満たすためのコミットメントを含み、AIマネジメントシステムの継続的改善を促進します。
    5. 役割,責任及び権限 AIマネジメントシステムの文書要求事項への適合を支援するために、関連する役割の責任と権限が組織内で割り当てられ、伝達されていることを確実にします。
    6. リスクと機会に対処するための計画: AIマネジメントシステムに関するリスクと機会を特定し、対処する。AIリスク基準を確立し、継続的改善のためにこれらのリスクと機会に対処するための行動を計画します。
    7. AIシステムの影響評価: 技術的、社会的背景を考慮し、AIシステムが個人、集団、社会に及ぼす潜在的影響を評価するプロセスを定義し、その結果を文書化します。
    8. 資源と能力 AIマネジメントシステムの確立、実施、維持、改善のために必要な資源と能力を決定し、提供します。
    9. 文書化された情報の管理: AI管理システムに必要な文書化された情報を管理し、その可用性、適合性、保護、およびデータ保持ポリシーの遵守を確保します。
    10. 業務計画と管理: 要件を満たすために必要なプロセスを計画、実施、管理し、計画で決定されたアクションを実施し、これらの管理の有効性を確保し、AI管理システムの変更を適切に管理します。

      これらの主要な要件は、組織が責任を持ってAIシステムを管理するための包括的な枠組みを概説しており、効果的なリーダーシップ、明確な方針、徹底した計画とリスク管理、勤勉な文書化と運用管理の必要性を強調しています。

    アプローチ方法

    ISO 42001を実施するには、組織のAI使用事例と、AI管理システムに影響を与える外部要因と内部要因を十分に理解することから始める戦略的アプローチが必要です。組織は、利害関係者を巻き込み、リスクと影響を評価し、AI管理手法をより広範なマネジメントシステムに統合する必要があります。

    Nemkoがサポートします

    Nemkoは、試験、検査、認証サービスにおける専門知識を有し、組織がISO 42001の複雑な問題に対応できるよう支援する理想的な立場にあります。ギャップ分析、コンサルティングからトレーニング、認証に至るまで、Nemkoは企業が効果的に規格を導入し、責任を持ってAI技術を活用できるよう、さまざまなサービスを提供しています。

     

    詳しくはお問い合わせください。

    最高水準の責任と倫理を守りながらAIを導入しようとする企業にとって、Nemkoとのパートナーシップは明確な前進の道を提供します。ISO42001認証取得に向けたサポートやAIの可能性を最大限に引き出す方法については、お気軽にお問い合わせください。

    ---
    この記事は、企業向けにISO/IEC 42001:2023を解明することを目的とし、その重要性、適用可能性、導入への主要なステップを強調します。

    Nemko

    Nemko

    Other posts you might be interested in